アーティスト・キャラクターグッズ作成の方


■長い文章ですが、下記をよく読みご理解いただければと思います。

痛ハッピ

個人でアーティストやアイドル、声優さんのライブ・コンサートへ着て行かれるオリジナルハッピや

アニメ・漫画、ゲームのオリジナルグッズを作成される方が増えてきております。

 

推しメンを応援したい!!ライブやイベントで目立ってアピールしたい!!

アーティストや好きなキャラが着ているハッピと同じハッピが着たい!!

好きなキャラクターのグッズを作成したい!!同人誌即売会でグッズとして販売したい!!

写真やロゴを入れてスポーツ選手・クラブチームを応援したい!

 

その想いわかります。お問い合わせ頂いています身としてもひしひしとその愛が伝わってまいります。

しかし!!ちょっと待ってください!!

 タレントやアイドル、スポーツ選手の写真やキャラクターイラスト・ロゴを「そのまま」入れての作成はNGです。

 

有名人や公式のキャラクター・商品名など世の中のものにはすべて「知的財産権」があります。

ご自身でオリジナル作成されたグッズは「公式グッズ」ではないので、「知的財産権」を侵害する上

その人の元へは何も還元されないのです・・・。しかも企業側から訴えられることも・・・(汗)

 「愛」があれば全て許されるわけではありません。


■それではオリジナルグッズはどうやって作ればいいの?

痛ハッピ
illust:©神瀬あから/©KLEIN ©rick ©津島里奈 ©朱音むつみ ©代々木アニメーション学院

写真やイラスト・ロゴマークを使わないのが一番いい方法です。

推しメンや選手が所属するチームのイメージカラーや名前、キャッチコピー等を使ったデザインが推奨されますが・・・

ご自身か、ご友人など(使用許可が得られる方)の作成されたイラスト(似顔絵等)を使用したり、権利元(ご本人や事務所・会社等)から許可を得ている、またはHP等で許可されている写真・イラストの使用であればOKです。

 

●「完全データ入稿」で、「知的財産権」を侵害していないものと判断できれば作成させていただいております。

●「完全データ入稿」が出来ない方も、上記の決まり事を守った上で、弊社に「デザイン指示」をいただければ弊社にてデータの作成(有料)も可能です。弊社にデザインおまかせ・・と言うのはお断りする場合がございます。


【ご注意】

●使用の画像については弊社が権利元へ使用許可の交渉をすることは一切ございませんので、例えご友人が描いたイラストや撮影した写真であっても、ご自身がご利用の了解をとっていただく必要がございます。

●直接許可が取りづらいものでも、HP等でロゴやイラスト、写真についての使用ガイドラインや規約が記載されている場合もございます。企業や作品(権利元)の意向に則り、場合によっては©マーク等を表示し使用して下さい。

●送られてきた画像についは一度確認させていただきますが、すべての画像の版権等のチェックはできかねます。送られてきた原稿・データ・画像、指示についてはすべて権利元から承認されたものといたしますので、お客さまご自身の責任でのご入稿判断をお願い致します。

●作成されたグッズについて、ネットオークション出品やネット転売はお避けください。公式が許可を出していない限り、トラブルや罰則が発生する場合もあります。 

ご入稿データを使用して作成したグッズでトラブルが発生した場合、弊社では一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。 

 


■アニメ・漫画・ゲームなどの「二次創作グッズ(痛ハッピ含む)」の扱いについて

illust image
illust:©illust AC/©I

健全なアニメ・漫画・ゲームファンの皆さんは「二次創作グッズ(痛ハッピ等含む)」作成についてのご理解いただいているとは思うのですが注意事項として記載させていただきます。

 

現在、「同人誌」と呼ばれております冊子は、マンガ・アニメ・ゲームなどのキャラクターなどを題材とした「二次創作作品」がほとんどかではないかと思います。「コミックマーケット」いわゆる夏コミ・冬コミ(その他同人誌即売会含む)は、権利元である出版社や作者まで参加し、盛大に開催されるなど、国内外より一つの日本文化として認識されるに至っております。

 

しかし、「二次創作」は権利元の許諾を得ることなく不特定多数への販売すると、著作権侵害の恐れがある「グレーゾーン」に位置している創作物ということは間違いありません。では「なぜ同人誌は罰せられないか」というと、文化にまで発展した現在の二次創作は、原作との相乗効果もあり、ファンアート・ファン活動としてとらえ、多くの場合“黙認”されています。


その延長線上の考え方で、「二次創作グッズ」を捉えている方がおられるのですが、「同人誌」と「二次創作グッズ(痛ハッピ含む)」で決定的に違うのは「公式のグッズと“同じ”クオリティーのもの」が作れてしまうことにあります。

 

オリジナル作品をそのままコピーしたような絵やデザインでのグッズの作成や販売は、知的財産権(著作権)の侵害で訴えられる可能性が非常に高いです。実際そういった事例も多数ありますので、その点をよく注意・確認した上で、ご自身の「独創性のある」作品のデータ作成・ご入稿をおねがいいたします。

 

また、「二次創作グッズ」を大量(数量50以上)に作成され、販売される場合は、商業とみなされ罰則が発生する場合もあります。グッズ転売も同様です。できるだけ少数の作成で仲間内・友人間で楽しむものとして作成しましょう。