完全データ入稿時のQ&A


■データチェックは無料ですか?

Adobe Illustratorデータを含むご入稿データは全てデータチェックいたします。

その後デザイン料が発生するかどうかお客様へ最終お見積りをご連絡いたします。

データ作成の途中段階でのデータチェックやアドバイスも無料です。

データチェックの内容は ・出力型組付 ・色合わせ ・画像の解像度確認などとなります。

色校正が必要な場合などは出力紙・色指定の数値などを必ずお付け下さい。

■色合わせとはなんですか?

カラーチャート
転写用カラーチャート

当社ではかならずお客様のデータの色合わせ(チェック)をさせていただいております。

なぜ色合せが必要となるか?というと。昇華転写プリントで使っているインク・出力方法が、紙出力で使うインクジェットプリンタやレーザープリンタとは違う為、お客様のイメージの色やご指定の色と異なる色が出る場合がございます。

そのため、入稿デザインのイメージを守りつつ、お客様の出力紙・ご指定の色に合わせ、専任デザイナーが転写用カラーチャートにて一つずつ色を合わせて行きます。

 

※金・銀・蛍光色のインクはないため擬似色対応となります。

色校正

色合せ後の出力見本(色校正)が必要でしたらお申し付けください。

色校正を布に出力するだけの場合は無料にて承ります。

各種製品の「仕上がりイメージ」縮小版をプリントしたものを送付いたします。

■色指定について

DICカラー

ロゴ等キーカラーがデザインに入っている場合は必ずDICカラーでご指定ください。

DICカラーでの指定が難しい場合はPANTONEカラーかCMYK値、出力紙の実物や、その他基準となる物(お菓子のパッケージ等)を弊社まで直接郵送して下さい。 基準値に合わせて出来るだけ近い色に色合せをさせて頂きます。

(※)CMYK分解で昇華転写インクの擬似色での対応となりますので、印刷物と同様の色が再現出来ない場合もございます。

(※)指定がない場合は当社紙出力の色を元に作成いたします。 

■WEB画面上での色指定について

DICやPANTONEといったチャート以外で多いのがWEBカラーやメール添付写真でのご指定ですが、WEB画面上での色合わせについてはカラーモードや画面環境により色が異なりますので、 WEB画面上の色合わせは原則できません。

PCやスマホ、ケータイの端末は個々によって色の見え方が違うので「同じ色」がお客様と弊社では共有できかねるのと、印刷物などとは構成される色のモードが違うため、実際のプリントでは同じ色の再現はできません。

印刷物の場合、CMYKという4色で色が再現されています。 それに対しPCやスマホ、ケータイのWEB画面は、光の3原色と呼ばれている3色で表現されております。 RGBのデータをそのまま出力すると、プリンタや出力機の判断で再現できない色は濁った色に変換されてしまいます。 RGBという光独特の発色がインク(CMYK)などの物質では表現できない色だからです。

例えばBlueやGreen独特の明るい色は、CMYKに変換すると彩度は格段に落ちます【下図参照】
どのように補正しても、元の明るい色は再現できません。 

RGB CMYK違い
RGB CMYK違い

Microsoft Officeや一太郎などビジネス系ソフトは、RGBカラーが基調となっており、印刷のカラーであるCMYKには対応しておりません。 特に、発色の強いグリーンやブルーは上図の通り、色が大きく変わってしまいます。ご了承ください。